ライブの「セットリスト」どうやって考えてる?

シンガーソングライター芽亜利・Jです。 思えば、ライブというものをもう30年もやってきて、毎回のセットリスト、いろいろ考えています。 最近はもう緊張したりしないのですが、始めの頃は30分のステージの間なかなか緊張が解けな続きを読む “ライブの「セットリスト」どうやって考えてる?”

10分で作曲するには。感覚でやってたことを言語化する。

オトナが乙女でいいじゃーーーん 50代女性の気持ちを代弁するシンガーソングライター妄想音楽家、芽亜利・Jです。 毎年、11月に「バースデイワンマン」をやっています。 これは、ただ単にひとりで歌う、というだけじゃなくて、 続きを読む “10分で作曲するには。感覚でやってたことを言語化する。”

メロディーの「意図」を伝える

ここ2~3年、自分の作った曲を人に歌ってもらう事が増えました。 オーダーメイドソングでは、歌い手さんにこの曲の成り立ち、クライアントの思い、要望、聴く人にどんな気持ちになってほしいか、などを伝えます。基本的にプロの方なの続きを読む “メロディーの「意図」を伝える”

癒し系だけが音楽じゃない

先日、車を運転しながらラジオを聴いていたら「次の曲は若者に人気の….」というMCとともに、何やら不穏な感じの曲が流れてきました。 だんだん聴いてると言葉の激しさが際立ってきて、思わず曲に集中してしまいそうにな続きを読む “癒し系だけが音楽じゃない”

歌のタイトルのつけ方

昨日は、「二科展」に入選した友達の絵を見に行ってきました。あなたは、絵や芸術作品を見る時、「タイトル」を見ますか? タイトル、無くても別に良いと思いますが、ついてるとやっぱり見ますね。それもやっぱり、ひとつの表現なんだろ続きを読む “歌のタイトルのつけ方”

あと83曲。無料で曲作り体験できます。

あなたのエピソードが歌になりました。略して「エピうた」 「エピうた」はお仕事ではありません。お金はいただきません。むしろ、「ネタ提供料」としてこちらがお支払いします。 自分の気持ちが歌になる快感を、皆様に体験してもらうた続きを読む “あと83曲。無料で曲作り体験できます。”

アイデアも歌ネタも「寝かして転がして」育てる

よく「どんな時に曲が出来るの?」と聞かれますが、曲は「生まれる瞬間」よりも「育てていく過程」が重要だと思っています。 最初のフレーズとか、サビの出だし、とか浮かんだらどんどんスマホに録音して、何パターンも作る。(注:私の続きを読む “アイデアも歌ネタも「寝かして転がして」育てる”

ミニ作詞講座3~「あるある」より凄い!五感で疑似体験させる「ありそう!」ネタ

先日、面白い事がありました。朝、家のトイレで「あ!トイレットペーパー買わなきゃ!」って思って、夜帰宅途中に「あの店で買おう!」と頭の中でトイレットペーパーをイメージしながら、ちょっと遠回りしてドラッグストアへ。 ところが続きを読む “ミニ作詞講座3~「あるある」より凄い!五感で疑似体験させる「ありそう!」ネタ”

ミニ作詞講座2~同じ言葉は二度使わない。使うのは「強調する時」

妄想音楽家、芽亜利・Jです。 今、作詞に取り掛かっています。作詞の方法は人によって違いますが、「詞先」の得意な私は、言葉から導かれるように1番のメロディーを書いた後、2番以降は、メロディーに合わせて歌詞を載せる「曲先」で続きを読む “ミニ作詞講座2~同じ言葉は二度使わない。使うのは「強調する時」”

久しぶりに「エピうた」をアップ

今朝、14曲目をアップしました。「エピうた」 こんなペースでは100曲達成はいつになるんだろうか。。。しかし、この14曲の段階で、ライブで歌うレパートリーが1曲、メモリアルソングとして仕上げる曲(お仕事としてご依頼いただ続きを読む “久しぶりに「エピうた」をアップ”