ミニ作詞講座2~同じ言葉は二度使わない。使うのは「強調する時」

妄想音楽家、芽亜利・Jです。

今、作詞に取り掛かっています。
作詞の方法は人によって違いますが、
「詞先」の得意な私は、言葉から導かれるように1番のメロディーを書いた後、
2番以降は、メロディーに合わせて歌詞を載せる「曲先」で作ります。

今日は、この「曲先」
字数とメロディーが決まってるところに言葉を載せてみます。

頂いたエピソードの中から作った「エピうた」の2番、3番を作ってみました。

「今も恋してる」
あなたが旅立って もう二年 一人で この部屋 暮らしてるの
時々 あなたは会いに来るの 穏やかな 風に乗って

出会ってすぐに 恋におちた 私が 22の春でした
あなたは 家を捨ててきたの 6畳一間 愛の暮らし

今も恋してる 口ずさむシャンソン
あなたが 教えてくれた あのアズナブール
寄り添うように 聴こえてくる アコーディオン
時を忘れて 奏で続けるの
ふたりのストーリー 今も恋してる

公開している1番の歌詞です。
シャンソン風のメロディーなので、
1番で概要を語り、2番で過去の楽しい思い出を語り、
3番でお別れの光景と今を生きる気持ちを語ります。

ここで、「今も恋してる」からの5行はいわゆる「サビ」
一番印象に残る部分で、ここで一番言いたいことを言います。

歌詞は俳句と同じで、
短い字数で沢山の情報を伝えなくてはならず、
「なるべく同じ言葉を二回以上使わない」というセオリーがあるのですが、
逆に、印象に残したい言葉は惜しみなく繰り返します。
ここではタイトルの「今も恋してる」ですね。

そして、このサビのフレーズ、
2番も3番も同じように載せてしまいたくなりますが、
2番は少し変えてみます。

今も聴こえるの あの時のハーモニー
あなたと奏でた クリスマスメドレー
聖なる夜に 響き渡るメロディー
息を合わせて ぴたりと重なり
心の奥で 今も聴こえるの

2番は「思い出」パートなので変えましたが、
最初と最後で「今も聴こえるの」を重ねて使ってます。

ここで注意するのは、
強調する目的以外では、同じ言葉をなるべく避けること。
「ハーモニー」「メロディー」「重なる」「奏でる」「聴こえる」
など、重なるともったいないので、
なるべく重ならないように気をつけてみました。
しかし、「奏でる」が1番と被ってしまってますね。。。
ここは、1番を変えることにしましょう。
「口ずさんで」いるのだから、
「奏で続けるの」→「歌い続けるの」で良いでしょう。

そして3番のサビで再び、1番の時間軸に戻ってくる。

今も恋してる 面影を抱いて 
ひとりで生きてく 春夏秋冬
まぶたを閉じれば 浮かぶあのまなざし
背中伸ばして 笑って歩こう 
二人のストーリー 今も恋してる

戻ってきたよ、という意味で最初と最後は1番と同じにしてみました。

。。。なーんて書いてきましたが、
ほとんど無意識にやってる事です。

ちょっと音楽やってたり、
音楽好きな人ならなんとなく、わかることかもしれませんが、

あえて、後付けでもいいから「ここはこういう意図で」と
意味を考えてみることが大事ですね。

★8/22(日)12:30~ 「エピうた音楽会」
たまプラーザ 「3丁目カフェ」
2000円(+オーダー)
今年3月から今までに作った「エピうた」を発表します!
後半は芽亜利・Jライブです。

★「妄想音楽家、芽亜利・Jです!」
メルマガ読者登録は こちら

投稿者: 作曲家・歌手 芽亜利J

シンガーソングライターとして28年の活動の中で、他の歌手への楽曲提供や、映画音楽、よさこい演舞曲、企業様のPRソング、個人のアニバーサリーソングなど500曲以上の楽曲制作実績がある。2021年秋に劇場公開映画「ぬくもりの内側」挿入曲「今でも胸に」を提供。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。